あなたの魚探/魚群探知機選びをサポートする...ビーフレンズ

#魚探の画面

魚探の画面イメージ

 魚探を使うときにまず知っておかなければいけないことは、モニター画面の縦軸と横幅の意味です。

 縦軸は「水深」を表します。これを理解することは感覚的になんの問題もないはずです。

 では横幅は何を表しているのでしょうか。一見、前方から後方への探知範囲を示しているようにも見ることもできますが、実はこれは「時間」を示す軸です。時間がたつにしたがって、感知した反応は画面の右から左に移動するようになっています。画面が右から左へ流れるスピードは何段階かあって、自由に変えられますが、ボートのスピードとはまったく関係がありません。

 ボートが止まっている状態を想定します。魚も移動せずに同じ位置に止まっているとすれば、画面に映しだされる海底も魚もほとんど動きません。

 ある瞬間において探知波の範囲内で感知された魚群や海底は、(前方だろうと右方だろうと後方だろうと)感知した瞬間に、まずモニター画面の右端に反応として表れます。そしてこの反応は、時間がたつにしたがって残像としてそのまま左へ流れていきます。そして、新たに感知された情報は、画面の右端に表れ時間の経過とともに更新されていきます。

§魚群の見え方

魚群の見え方イメージ

 魚の泳層がかわらないなら、探知波の縁にいた時より、中心近くにいた時のほうがセンサーに近いので、画像では魚群の画像はだいたい山形に表れる(真ん中あたりが浮き上がって見える)

§魚群の画像から読み取れること

 魚探で知りたいことは水深、底質、魚群の種類、そして地形などだろう。
 水深は数字で表示されるからすぐにわかる。
 底質は海底の反応の色と厚さで判断できる。海底は魚よりも反射波が強いので、ふつうは赤い反応になる。海底が硬いとこれが厚く、軟らかいと薄くなる。
 海底の反応の幅は尾引きといって、よく見ると下のほうの色が黄色とか青になっているはず。海底が硬いと指向角の外側からも反射波が戻ってくるために、時間差が生まれて尾引きが長くなる。その結果、海底が厚くなるわけだ。逆に、砂泥底のように柔らかいと、反射波は中心付近からしか戻って来ず、尾引きは短い。また、海底に傾斜があると超音波がより多くの面積から跳ね返されるので、幅はやや厚くなる。ただし、こうした傾向は相対的なものであり、感度調整にもよるので、総合的な判断が必要だ。感度が高いときには海底が水深の整数倍のスケールで2重、3重に表示されることもある。なお、50キロヘルツと200キロヘルツとでは、指向角が広くて広範囲から反射波を受け取る50キロヘルツのほうが当然尾引きは長い。
 気になる魚群の種類だが、魚の習性によってある程度の区別はつくものの、残念ながら今のところ魚種を識別する機能はない。こればかりは釣りをしながら経験を積み重ねて慣れていくしかない。

 それよりも、ポイントを選ぶにあたって重要なのは地形のほうだ。地形が詳しくわかれば、潮流、魚群(ベイトフィッシュ)の有無、ターゲットの習性などを考え合わせてポイントをより絞り込みやすくなる。
 釣り場に到着したら、サオを出す前にまず周辺をタテ、ヨコ、ナナメに縫うようにして一定のパターンで魚探をかけてみるとよい。このときにGPSの航跡と併せて判断するとよりイメージしやすいだろう。海底の様子を3次元的に頭の中に描ければ理想だが、だいたいの地形を把握したあと、根の頂上や地形の変化、魚群などをGPSにマークすればより確実。
 画面を見るときに注意すべき点は、画面中央の反応はボート直下のものではないということ。これは意外にビギナーが陥りやすい落とし穴だ。魚探の画面はリアルタイムの反応を右端に映して右から左ヘスクロールしている。だから、今現在のボート下の反応は右端だけ。つまり、魚探の映像はほとんど過去のものなのだ。
 画像の映り方にはボートの速度と画面を送るスピードも関係している。具体的に言うと、たとえば、アンカリングしてボートが固定されていれば、いくら険しい根の上にいても海底はずっとフラットのまま。小さな魚群でもずっとボート下に留まっていれば巨大な反応になる。逆に、ボートが高速で走っていると、たいして凸凹がない海底も起伏が激しく見えてしまう。ボートとスクロールのスピードもまた相対的な関係にあるため、しょっちゅう画像を送る速さを変えるとスケールがわかりにくい。自分の魚探ではスクロールスピードを固定しておくのがベター。海中の細かい違いがよくわかるように、スクロールスピードは速めに設定しておくのがおすすめだ。

§映像の意味

  魚探は超音波の反射信号をキャッチして、それを画面上に映像化するという単純なものであるため、画面は何を表現しているのかを、あらかじめ理解しておかねばなりません。

1 単体魚と魚群の出方
 いま自船が停止しているとして、その下を単体魚が横切ったとすると、魚探画面上にはハッキリした反応が現れます。単体魚はきれいな山形となります。
 遂に魚がストップしていて、その上をボートが通過した時も同様な映像が得られることになります。特に大型魚でよくみられる反応の出方です。
 一般的な魚群の反応はモコモコとした雷雲のような形となります。

2 砂地か岩盤か
 通常、魚探でもっとも強い反射が得られるのは基本的には海底です。一般に、海底ラインはある幅をもった比較的濃い赤色で表示され、魚群は赤、黄、緑等の混色表示となります。
 海底が砂地や泥、藻などの場合は超音波の反射が弱いので尾引きが短く、岩場などの場合は反射が強いので尾引きが長くなります。
 ただし尾引きの長さは、振動子の周波数、感度具合いによって違ってきます。

3 海底が二重になる
 湾内のような浅い釣り場で感度を高くして使用すると、海底状況によっては二本とか三本の海底ラインが現れることがあります。これは海底に当たった超音波が船底や海面で反射し、再び海底に当たって…という繰り返しにより生じる現象です。もちろんトラブルではありません。
 探知レンジを浅くすると現れなくなります。

4 傾斜した海底は長くなる
 傾斜した海底の映像は、平坦で水平な海底に比べて尾引きが長くなります。これは超音波が当たる海底面積が斜面の分だけ広くなるためで、海底質による尾引きの変化ではありません。

5 起伏のはげしい海底
 海底の凹凸が多い場合は、それなりに海底ラインが折り重なって現れます。少しずれた位置に突出した岩場がある場合は、どちらの海底もキャッチしてしまうためです。

8 海面付近のモヤモヤ
 発振線の下の方に汚れたノイズのようなものが出ることがあります。これは他船の航跡や気泡、シケなどによって生じる不要な映像です。TVGツマミで消えます。

7 プランクトンの出方
 時として、発振線と海底の間に雲状のうすい反応が層を作ります。これはDSLとよばれるプランクトン層です。DSLに魚が付くのでイカ釣り船やマグロ船ではこのDSL層を見ながら操業します。
 この反応は昼間は沈下し、夜間は浮き上がってきます。

8 海底がギザギザする
 シケ時には海底ラインがノコギリの歯のようにギザギザ状になります。これはボートのピッチング、ローリングによって振動子が上下や左右に揺れるために、超音波の発射方向がずれたり、海底までの距離が少し変わるためですが、トラブルではありません。

魚探/魚群探知機のトップへ