あなたの魚探/魚群探知機選びをサポートする...ビーフレンズ

#魚探-振動子〜周波数の違いについて

魚探・振動子の周波数の違い

 50kHzのような低い周波数(低周波)は
広範囲の魚探知に適しており、深いところまで探知ができる。
探知範囲が広がる分、魚群の位置・方向は特定しにくい。

一方、200kHzのような高い周波数(高周波)は
分解能が良く細かい探知には適しているがあまり深場探知には適さない。
また低周波に比べて気泡や海中雑音には強い。

■測れる深さは周波数で決まる
 魚探の性能は超音波の特性によって大きく左右される。このうち重要なのは、声の大きさにあたる「出力」と、高さに相当する「周波数」。特にカギとなるのが周波数だ。
 音や超音波が波として伝わるのはご存じのとおり。周波数とは1秒間に波が何個あるかを示した数字である。魚探では何種類かの周波数を使い分けており、50キロヘルツや200キロヘルツが代表的。ボートフィッシングで使われるのはほぽ30〜400キロヘルツの範囲だ。
 周波数がなぜ重要かというと、ひとつには測定できる深さと関係があるため。声と同じように考えたら、出力が大きいほど深いところまで届きそうに思えるが、実際にはそんなことはなく、測定できる水深は周波数によってほぼ決まってしまう。超音波が水中に吸収される度合いは周波数が低いほど少なく、遠くまで伝わる。ちなみに、プレジャーボートでよく使われる200キロヘルツと50キロヘルツで魚をとらえられる水深を比較すると、200キロヘルツは100メートル、50キロヘルツは500メートルくらいまで。これが28キロヘルツになると1000メートル以上カバーできる。
 ただし、カタログにはこれより深い水深が書かれていることが多いし、実際にはもう少し深くても使えるはず。それはカタログが魚ではなく、単純にその機械で測定できる水深を示しているからだ。また、測深距離は出力、底質、水温、水圧、塩分濃度などによっても若干変わりメーカーによっても多少のズレがある。カタログには通常理想的なデータが書かれているもの。そこで、魚探を選ぶときの目安として「魚5割、底8割」と覚えておくとよいだろう。これは魚を画面に表示できる水深がカタログデータの5割、海底の場合は8割ということ。つまり、カタログで測深範囲が500メートルなら、問題なく魚が映る水深は250メートル、底質を判断できるレベルは400メートルという意味だ。

周波数の選択方法
(SONIXメーカーカタログより)

§魚群と探知できる周波数帯
(太線は大出力の場合、特に有効とされる周波数帯)
周波数と魚群の関連表

魚探/魚群探知機のトップへ